2016年8月27日土曜日

あなたは民主主義に向き合っているか、絵本からの問いを受け止める人々

2016年8月、30年ほど前に出版された絵本が復刊されました。
かこさとし しゃかいの本 「こどものとうひょう おとなのせんきょ」 
という絵本です。 



ネット上での反響から復刊へ

絶版となっていたこの絵本は、かこさとしさんという有名な絵本作家の作品でありながら、あまり知られていませんでした。私の息子が学校の図書館からこの絵本を借りてきて、親子で読んだ時のことを書いたブログ記事が広まり、初めて存在を知った方も多かったようです。

・ブログ記事 「投票って何?」ある絵本に驚きの答え  

・朝日新聞デジタル 「みんしゅしゅぎ」って何? ネットで話題、絵本が復刊 (2016年8月23日) 

 しかし、ブログ記事自体は、単なるきっかけに過ぎませんでした。
この本は、少数でもすぐれた考えや案を、狭い利害や自己中心になりやすい多数派が学び、反省する、最も大切な「民主主義の真髄」をとりもどしたいという願いで書いたものです。
そうあとがきに書かれた作者の思いは、人の心を突き抜く強さで伝わっていったのだと思います。「いいね」やツイート、シェアを通じて多くの方から反響をいただいたことが、復刊へとつながりました。 


異色の絵本 

絵本を紹介した私自身は、失礼ながら、この絵本は人気が出なかっただろうと思いました。人気のある絵本というのは、大抵、子ども自身が楽しめるものであり、子どもに読んであげる大人にとっても楽しいものです。 

「この絵本を読んでどう思いましたか。」
 ブログ記事を発表した後、よく聞かれました。私は
 「絵本に追い詰められているようで、つらかった。」
 と、答えています。正直なところ、全く楽しくありませんでした。絵本の中で大人は 
「あなたは、投票を、民主主義を、勘違いしているのではないか。」 
と作者から批判されることになります。絵本を読みながら、批判されている大人を横で見ている子どもも戸惑っていました。しかし、それが始まりで、私も子どもも一緒に真剣に考えていました。


かこさとしさんの作品には楽しくて人気のある絵本がたくさんあります。あえてこのような絵本を作って、真剣な思いをぶつけてきたのです。今だからこそ、その衝撃を、受け止めようとする人が多いのかもしれません。 


世代を超えて読まれる本に 

復刊を手掛けた復刊ドットコムによると、この絵本は児童書や絵本の売り場に置かれるだけでなく、ビジネス書や実用書売り場で扱われることもあるそうです。これは珍しいことです。幅広い人にこの絵本を届けたい、大人にこそ読んでもらいたい、と考える人が書店にもいるのだと思います。 これは単なる子ども向けの本ではありません。大人も若い人も子どもも、多くの人が手に取って、考えてみてほしいと思います。 

かこさとし著 「こどものとうひょう おとなのせんきょ(かこさとし しゃかいの本)」(復刊ドットコム)


野口由美子

2016年8月24日水曜日

朝日新聞夕刊で当ブログが紹介

こんにちは。野口由美子です。当ブログに訪問いただき、ありがとうございます。

朝日新聞夕刊で、当ブログの掲載記事、「投票って何?」ある絵本に驚きの答えを紹介していただきました。

この新聞記事は、かこさとしさんの絵本「こどものとうひょう おとなのせんきょ」の復刊についてのもので、デジタル版ではかこさとしさんの動画メッセージも観ることができます。

ご覧いただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

朝日新聞デジタル:「みんしゅしゅぎ」って何? ネットで話題、絵本が復刊(2016年8月23日)


野口由美子

2016年8月20日土曜日

親の介護、子どもの育児、時にはつらいとは言えますか

ママのための子育て情報WEBマガジン「ママスタセレクト」に記事を掲載していただきました。

「育児に介護も、愚痴も言わないでがんばる、は間違い」

ご覧いただけるとうれしいです。

この記事ではダブルケアに触れていますが、実は、私はつい最近までこの言葉を知りませんでした。ダブルケアとは、育児と介護が同時進行している状態です。日本で問題になっているダブルケアについて、オランダではどうやって解決しているのか、記事にしてほしいというのが、編集の方からの依頼でした。

記事を書くにあたって、今住んでいるオランダで介護や育児の問題をどう扱っているか、周囲の人たちに聞いてみました。多くの人は、介護も育児も大変なことがたくさんある、という話をしていました。そして、介護保険や育児支援制度など公的な援助は、かつてよりは削減されている部分も多く、苦労している、ということも聞きました。

オランダでも、介護や育児が社会問題であることには変わりなく、解決策は見つけられていないんだな、とも思ったのですが、大きな考え方の違いも見つけました。

オランダでは、介護や育児をする側が追い詰められることがない、のです。
日本だったら、たとえば赤ちゃんのいる母親が時間なく忙しくしていても、
「母親ってそういうものよ、がんばって!」
と応援されてしまいそうですが、そんな応援はあまりないようです。
「休めばいいじゃない。誰か助けてくれる人はいる?」
と言われます。

そういう環境だったら、介護や育児がつらい時はつらい、と素直に声を上げられるだろうな、とうらやましく思いました。
「つらいって言いにくい、なんて、あなたたち日本の文化の問題ね。自分たちでどうあるべきか考えるべきではないかしら。」
オランダの友人は歯に衣着せぬ、はっきりとした物言いをするので、こんな言い方をしていましたが、その通り、うなずくしかありませんでした。

うらやましがっているだけでは何も変わりません。私たちも、そういう声を聞き合うことから始められるのではないかと思います。もっと自分や周りの人にやさしくなりたい、という思いを込めました。


野口由美子

2016年8月5日金曜日

子ども自身が作って遊んで学べる、我が家理想のテレビゲーム

私の息子がひそかに狙っている、今年のクリスマスプレゼントは、ゲーム機、なのだそうです。ただし、ママには秘密になっています。ママはゲーム機を買うのに反対だから。うかつにテレビゲームの話をしても、「ダメ」と言われるだけ。タイミングを見計らわないと。

私は息子にそう思われているみたいです。

そんな我が家ですが、この夏休みに新しいテレビゲームを解禁しました。

自分で作って遊んで学べるゲーム

Kano」をご存知ですか。子ども向けのPC工作キットで、Raspberry Piを搭載しています。このPCは、レゴのように子どもが自分で組み立てられるようになっています。




レゴみたいなPCなんて面白そうでしたが、私たちが興味を持ったのは、このPCで採用しているKanoOSという独自のOSでした。PC工作キットは現在入手が難しいようだったので、家にあったRaspberry PiKanoOSを入れ、使われていなかったキーボードとマウス、リビングのテレビにつないで、代用しました。

早速子どもと一緒にやってみます。いくつかの遊び方があるのですが、ストーリーモードが一番面白そうです。
昔からあるロールプレイングゲームのように、人々に話しかけ、何をしなければならないのか探ります。そして、その場所ごとにあるイベントをクリアしていきます。イベントは、敵を倒すことではなく、ゲームを作ることです。最初のステージのゲームはPongというピンポンゲームです。




ピンポンゲームをどうやって作ったらいい? 

まず、自分がプレイしてみるところから始まります。もっとうまくできるようになりたいと凝り性の息子は何度も挑戦します。でも、ただゲームに勝って終わりではありません。次のステップでは、ゲームを自分で作り変えます。ここからはプログラミングになります。ボールの大きさや速さ、ボールを打ち返すバーの大きさなどを、画面に出てくるヒントに従って自分で変えてみます。プログラミング自体は、ブロックの組み合わせ、数字や色などのオプションの選択という手順になるので、タイピングができない子でも進めることができます。




ヒントに従って、ゲームを作る方法を学んだら、次は自分で自由に作ってみます。息子は、妹と一緒に遊べるようにするにはどうしたらいいか、パパと一緒に考えました。
「バーをもっと長くしてあげればいいんじゃないかな」
「ボールの速さを遅くするとやりやすいよね」
アイディアをプログラミングして、試してみる、を繰り返します。いたずら好きの息子は、Aボタンを押すと妹が動かすバーの長さが短くなるコードをこっそり入れて、妹とゲームを始めました。

娘は突然バーが短くなる予想外の展開にびっくり。子どもたち2人はきゃあきゃあ大はしゃぎで遊んでいました。

minecraftも、scratchも、盛りだくさん

各ステージにこのようなゲームがあり、アクションゲームだけでなく、お絵描きや音楽のプログラミングもあり、minecraftもあります。息子は早くやりたいようですが、minecraftで3次元の造形をプログラミングするには、その前のステージで2次元の絵を描くプログラミングをクリアしなければなりません。今、息子は絵を描くプログラミングに挑戦しています。

その他にも、scratchも使えますし、自分の作品を他のユーザと共有することができます。他の子が作った作品を見ると、自分もこんなものを作ってみたいと刺激になるようです。

テクノロジーをただ消費するためのものではない

Kanoのアイディアは、6歳の子が、大人の助けなしに自分でPCを組み立てたいと言ったのがきっかけだった。子どもにはまだそんなことはできない、なんて言う必要あるだろうか。21世紀の新しい教育には、テクノロジーをただ消費するのではなく、作って、学んで、遊べる道具が必要だと気付いたんだ。」
「それは世界中の子どもが使えるものであって、家族みんなで楽しむものであってほしい。タブレットの画面を一人で見ているのとは全く違う経験になるんだ」

Kanoの創設者の1人であるヨナタン・ラズフリードマンさんが、TED Talksで語っていました。このKanoのコンセプトは確実に息子に伝わっているようでした。きっかけさえあれば、そしてそれを子ども自身が好きになれば、いくらでも吸収できるものだと思いました。KanoOSは、無料で入手できますし、子どもを刺激する要素がたくさんあります。とてもいいきっかけになりました。

しかし、1点だけ、Kanoには難しい点があります。日本語版がないのです。世界中で使える、というコンセプトからすると、残念です。Kanoの対象年齢は6歳以上、主なユーザーは8歳から12歳だそうで、使われている英語はとても平易です。英語にあまり抵抗がない子には是非おすすめしたいです。

参考: Kano


野口由美子

2016年7月21日木曜日

苦手?悩む?ご近所付き合いが変わる 世界で広がる新スタイル

私の友人から、最近面白い話を聞きました。

「私たちが住んでいる通りの住人が参加するフェイスブックのグループができたの。通りに住んでいる人だったら誰でも参加できるのよ。近所にどんな人が住んでいるか、SNSで知り合うことができるの。」

彼女によると、それはソーシャル・ストリートと呼ばれる、新しいスタイルの「近所付き合い」で、彼女が参加しているのは、オランダで最初にできたソーシャル・ストリートだそうです。ソーシャル・ストリートはイタリアで始まり、イタリアだけでなく、ヨーロッパ各国、アメリカ、ブラジルやニュージーランドにも広がっていて、今は400ほどのコミュニティがあるということでした。

Johannes Verhulststraat – Amsterdam
オランダ最初のソーシャル・ストリートができた通り

イタリアのある夫婦の悩みから始まった

「近所で顔を知っている人は何人もいるけれど、普段は職場で仕事をしているし、近所付き合いにあまり関心がない。」
「近所付き合いでトラブルを起こしたくないので、関わらない方が無難では。」
近所付き合いに積極的になれないのは、日本でも海外でも珍しいことではないようです。でも、

「自分に子どもができて、自分の子と一緒に遊べる友達や自分自身も親しく付き合える相手が近所に欲しい」

イタリアのボローニャに住む、ローラルさんとフェデリコさん夫婦は2歳になる息子を持ち、そのような思いを抱いたそうです。しかし、いきなり面識のない近所の家に行って、ドアのチャイムを鳴らす勇気はありません。

そこで彼らは、フェイスブックで近所の人が参加する非公開グループの開設し、このグループのポスターを作って貼っていきました。当初は、近所の数十人と知り合いになって、子どもの遊び相手が見つかれば、という気持ちだったそうですが、2週間後には93人がページをフォローし、3か月後には500人以上の参加者が集まりました。

ネットからリアルな交流へ

ネットで始まったコミュニティは、「リアル」の生活に変化を起こしていきました。

それまではローラルさんとフェデリコさんは近所を歩いていて、よく顔を合わせる人に出会っても、ほとんどあいさつすることがありませんでした。しかし、ソーシャル・ストリートを始めてから、通りの様子が変わったことに気づきます。通りを行き交う人が声を掛けてくれます。通りに面する家々の窓は開かれ、あいさつを交わす人たちがあちこちにいます。お店では、お店の人とお客さんたちが気さくに会話をしています。

この新しい近所付き合いは、ボローニャの奇跡、とイタリア中から注目され、ソーシャル・ストリートという活動となって広がっていきました。

ソーシャル・ストリートの価値

「使わなくなったベッドがある。誰かに譲りたい。」

「近所で美味しいレストランを見つけたい。」

こうした日常の些細なことの多くは、今、ネット上のサービスで解決することができるようになりました。不要品はネットオークションで売ればいいし、レストランの評判はネットで調べることができます。大抵のサービスを簡単に見つけることができるようになりました。しかし、ソーシャル・ストリートには、そこに「お互いの信頼関係」という、ネット上の他のサービスにはない価値を見出すことができます。

「近所に自分が使わなくなったベッドを欲しい人がいたら、わざわざイーベイで売って遠くまで運ぶなんてバカげているだろう。近所の人に行きつけのお店を教えてもらえたら、トリップアドバイザーの点数を見る必要もないよ。」

もっと困った問題もソーシャル・ストリートで解決できます。
「家のプリンターが壊れてしまいました。今日中に論文を印刷できないと提出期限に間に合いません。誰か助けてください。」

夜にあったこんな緊急の投稿にも、近所の人が助けに来たそうです。近所の人同士が助け合えば解決できることは意外と多いかもしれません。

本当は近所同士でつながりたい

私自身、日本に住んでいた時、近所付き合いはあまりなく、そのことを気にかけてさえいませんでした。でも、自分が子どもを持つようになったり、震災のような災害が起きたり、という経験をして、自分の住む地域での関わりが必要に感じるようになりました。そう言っても、日本はヨーロッパ各国と比べて、フェイスブックの普及率が低く、ソーシャル・ストリートの手法をそのまま使うのは難しいかもしれません。

私の友人はこんなことも言っていました。
「明日グループのメンバーが通りの角のカフェレストランに集まることになったの。どんな人たちが集まるのかしら。面白そうだから、家族で行ってみようと思っているのよ。そんな近所付き合いって初めてだわ。面白いわよね。」
ソーシャル・ストリートのようなSNSを利用した近所付き合いは、参加者に役割や義務といったわずらわしさはなく、参加者が自由に楽しめるものなのだそうです。

ネットからリアルにつなが地域住民の信頼関係。ひとつのヒントになるのではないでしょうか。


野口由美子

2016年7月15日金曜日

「ファインディング・ドリー」に感動する理由


子どもたちはもう夏休み。ちょうどオランダでも公開されている「ファインディング・ドリー」を子どもたちと一緒に観に行きました。



日本でも2016716日公開なので、夏休みにお子さんと観に行こうと計画している方も多いと思います。(この記事では、映画を観る楽しみを邪魔しない範囲で、と思っているので、ストーリーにはあまり触れません。安心してください。)

子どもたちの感想は
「楽しかったー!」
何が楽しかったか聞くと、
息子8歳は
「アシカのふたりが面白かったよね。」
5歳は
「ぜんぶ!!ドリーはパパとママとハグしていたね。」

単なる、ハッピーな家族愛、ではありませんでした

いつも通り、ピクサーらしい、ハラハラドキドキ、笑いありの展開が続く、楽しいお話にのせて、家族愛というメッセージを伝えてくれます。子どもたちはそのストーリーを素直に楽しんでいましたし、親子が抱き合うシーンに家族愛を感じていたようです。涙もろくなった私は、情けないことにすぐに涙してしまいました。

でも私にとって、この映画の良かったところはそういう、いつものピクサーディズニー路線、だけでなく、さらに進んだメッセージを感じさせる映画だったことです。

驚きだったのは、主人公のドリーです。1作目の「ファインディング・ニモ」では、ニモの父親がメインだったこともあり、私にとってドリーはおっちょこちょいのわき役という印象だったのですが、本作では、「極度の忘れんぼう」、「物忘れが多い」、だからおっちょこちょい、というレベルを超えて、「記憶障害」というハンディキャップがあることを、観ている側が認めざるを得ないストーリーになっています。

ニモの片方のヒレが小さいという身体的な障害は、1作目では父親のトラウマや過保護に結び付けられていましたが、本作はドリーのハンディキャップは、ドリーの親にとって、深刻な問題には結び付けられていません。むしろハンディキャップが家族の愛情を深めているように感じられます。

娘の友達も「ドリー」

私は映画でドリーの両親のふるまいを観て、娘と同じクラスだった母子を思い出しました。
その女の子は、発達障害で、それが理由でその子のお兄さんと同じ学校に入学することができなかったという経緯があったのですが、娘と同じクラスにいました。その子の話す言葉がはっきりしなかったり、癇癪を起こしたり、ということもありましたが、その子が輪の中にいると他の女の子たちがみんな仲良く遊んでいる様子が印象的でした。クラスの女の子同士がグループを作って、友達の取り合い、みたいなことをよくやっていたのですが、その子がいる時はみんなが一緒に遊んでいました。

その子のお母さんは、子どもが発達障害であることを隠そうとはせず、私や、他の親に自分からそのことを話していました。
「今は私がついていて、安心感が何よりも必要だと思うの。」
バリバリ働いていたそうですが、今は子どもと過ごす時間を増やすために仕事を減らしていました。

その子が自分の言いたいことをうまく言えないでいると、単語を一つ一つ、区切りながら、反復させ、文章で言えるように、いつも時間をかけて子どもの気持ちに付き合っていました。ある時は、私たち親子が先に帰ろうとしていた時、遊べないと癇癪を起こす前に、もう友達が帰ってしまうことを説明し、でも、泣かずにさよならできたら、次にいつ遊べるか、ということを丁寧に話しかけていました。友達が帰るだけでも、かなりの時間をかけて話しているのです。そしてよく手を握り、抱きしめていました。


ドリーの記憶障害もこの子の発達障害も、障害か、欠点か、それとも個性か、聞かれたら、これは個性だと答えたくなります。それが、この映画のメッセージだと思います。しかし、個性だと尊重してあげたくても、その親の立場だったら、その「個性」を子ども自身が前向きに実感できるように、どれだけ苦労をするのでしょう。映画の中だけでなく、実際にそのような努力を惜しまない親の姿を間近に見て、深い愛情に感動しました。


野口由美子

2016年7月6日水曜日

NHK総合「ニュース シブ5時」で当ブログが紹介

こんにちは。野口由美子です。お知らせが続いていますが、今回はテレビ放送のお知らせです。

NHK総合「ニュース シブ5時」で、かこさとしさんの絵本「こどものとうひょう おとなのせんきょ」の復刊について、取り上げられるのに合わせ、当ブログが紹介されることになりました。

放送日時   2016年7月7日(木曜日) 16:50-18:00 「ニュース シブ5時」番組内
放送メディア NHK総合テレビ
放送エリア  全国放送

(放送内容は、急遽変更される場合があります)

絵本の復刊の経緯の中で、当ブログが紹介されることになるようですが、私が絵本を初めて読んだ時の驚き、絵本のメッセージの正しさや強さを、より多くの方に知っていただき、改めて「おとなのせんきょ」を考えるきっかけになるのではないか、と思います。

かこさとしさんのインタビューも放送されるとのことで、私も是非観たいのですが、海外在住だとこういう時不便ですね。私は放送を観ることができません。ご覧になった方から感想をお聞きできたらうれしいです。

よろしくお願いします。


野口由美子