2017年6月16日金曜日

家族がいない時間

今週、我が家はとても静かです。

息子が3泊4日のキャンプに行っています。バスでキャンプ場に行って、バンガローに泊まり、昼間はプールや遊園地、夜はディスコ、ボーリングと楽しそうです。年度最後の一番大きな学校行事なのですが、1年間勉強をがんばったご褒美、友達同士の親交を深める、というところが重要なようで、お勉強的要素がほとんどないところが潔い、くらいに感じます。日本の修学旅行とはちょっと雰囲気が違いますね。

キャンプ出発の朝、娘と私で見送り


子どもがいない間、親は

学校のウェブサイトにキャンプの写真が順次更新されます。私は、その中から自分の子どもが楽しそうに笑っているのを見つけては安心しています。

「娘が毎晩泣いているんじゃないか、なんて心配してる。自分と同じようにベッドで泣いてないかな、なんて」

冗談もキャンプの話。親同士でも、キャンプに行っている子どもの話題になります。子離れが難しいのは私だけでなく、どの親も思うことは同じみたいです。


いつもにぎやかな家は

我が家の2人の子どものうち、1人いないだけで、かかる労力が半分どころか、10%くらいにまで減ってしまったかのようで、すべてが静かにスムーズに進んでいきます。私は、手持無沙汰になるくらい、ヒマでした。

「学校に行く時間だよ。」
「うん。」

いつもは、朝からケンカで子どもの返事は聞こえてきませんが、娘がすぐにカバンを持って玄関に行きます。

「今日は学校どうだった?」
「楽しかった。」

いつもは、我先にときょうだい同時に話し始めて、何を言っているのかわからなくなりますが、娘と私だけの会話も静かです。

いつもだったら、道に落ちていた石でもケンカができるきょうだい、何でもケンカのきっかけになるし、たとえ何もなくても、兄の邪魔をして、かまってもらおうとする娘にとって、兄がいないのは、とてもさびしいようです。

毎日ケンカ、がなくなってみると

「あと何回寝たら帰ってくる?」
娘は私に何度も聞いてきます。
「早く帰ってきてほしいの?毎日ケンカばかりしているのに?」

ケンカは彼らなりの愛情表現なのですね。

そんなに大好きならもっと兄にやさしくしたらいいのに。でも、結局息子が帰ってきたら、いつも以上にもっとケンカをしそうな気もします。

そんな我が家の様子を友人に話していたら、こんなことを言われました。

「家族が1人いないだけで、家の様子が全く変わってしまうわよね。離れてみるとわかる。これもいい経験よね。」

離れてみてわかる、本当にその通りです。今日、息子が帰ってきて、夜には元の騒がしさに戻っているはずですが、同じ風景の中にも違いを感じるんだろうなと思います。


野口由美子

0 件のコメント:

コメントを投稿